Announcement: FXスクールジャパン2018年度受講生 受付まもなく
Forex Trading Education Community

陳満咲杜のFXスクール開校!

基礎から応用実践まで、これまでに我々が習得してきたFXトレードに於ける相場分析手法や実践テクニック、リスク管理方法など、高度な投資スキルを学んでいただくFXスクールを2016年8月より開校。

6月13日(水): 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便の登録はこちら

6月13日(水)

17:30 英 5月 消費者物価指数(CPI) [前月比]★
前回:0.4%

17:30 英 5月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]★
前回:2.4%

17:30 英 5月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比]★
前回:2.4%

18:00 欧 4月 鉱工業生産 [前月比]★
前回:0.5%

21:30 米 5月 卸売物価指数(PPI) [前月比]★
前回:0.1%

21:30 米 5月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]★
前回:2.6%

21:30 米 5月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比]★
前回:0.2%

21:30 米 5月 卸売物価指数(食品・エネルギー除く) [前年同月比]★
前回:2.3%

27:00 米 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表★★★
前回:1.50-1.75%

27:30 米 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見★★

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 





6月12日(火): 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便の登録はこちら

6月12日(火)

17:30 英 5月 失業保険申請件数★
前回:3.12万件

17:30 英 5月 失業率★
前回:2.5%

17:30 英 4月 失業率(ILO方式)★
前回:4.2%

18:00 独 6月 ZEW景況感調査(期待指数)★
前回:-8.2

18:00 欧 6月 ZEW景況感調査★
前回:2.4

21:30 米 5月 消費者物価指数(CPI) [前月比]★★
前回:0.2%

21:30 米 5月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]★★
前回:2.5%

21:30 米 5月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]★★
前回:0.1%

21:30 米 5月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]★★
前回:2.1%

27:00 米 5月 月次財政収支★
前回:2143億ドル

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 





6月11日(月): 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便の登録はこちら

6月11日(月)

08:50 日 4月 機械受注 [前月比]★
前回:-3.9%

08:50 日 4月 機械受注 [前年同月比]★
前回:-2.4%

17:30 英 4月 鉱工業生産指数 [前月比]★
前回:0.1%

17:30 英 4月 製造業生産指数 [前月比]★
前回:-0.1%

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 





まもなくメルマガ配信(6月10日号)!

みなさま いつもご覧くださり、ありがとうございます。
FXスクールジャパン事務局です。

まもなく6月10日号のメールマガジンを配信します。
毎週配信のメルマガは登録無料です。

無料メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便

FXスクール事務局



今週はビッグイベントが目白押し!

FXスクール事務局です。
今回もドル円の動向について確認しておきたいと思います。

▽ドル円 日足チャート

週前半はイタリア政局への不透明感が一服し、株式市場も全般に堅調しました。
ドル円はドル買戻しの動きが続き、一時110.26円まで上昇しましたが、週後半はトランプ大統領が北朝鮮問題は1回のディールでは無いと発言したことやG7サミットでの貿易問題が円買い材料となり、ドル売り優勢の展開に変化しました。

実線は再びGMMAの短期線を下抜けましたが、下値では長期線がサポートとしたカタチとなり、週末8日の相場では長い下ヒゲを形成しています。

RSIは中段保ち合い圏で指数密集圏を形成していることで目先のレンジ相場形成を暗示するカタチとなっています。またMACDはオシレータがプラス圏で収縮傾向にあることで下落リスクが高まりつつあります。

今週はビッグイベントが目白押しです。
米朝首脳会談や米FOMC、ユーロ圏のECB理事会が注目されます。

米利上げについて、前回3月のドット・プロット(政策金利見通し)は、18年の利上げ回数が年3回(年末時点で2.00%-2.25%)と年4回(年末時点で2.25%-2.50%)がともに6名で同数でした。一方、2019年は前回(2017年12月)の2回から3回に引き上げられています。各メンバーの見通しが今回のFOMCでどのように変化するのか注目されます。

このあと「マーケット・インサイダー by 陳満咲杜」をメルマガ配信します。

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便



6月8日(金): 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便の登録はこちら

6月8日(金)

08:50 日 4月 国際収支・貿易収支★
前回:1兆1907億円

08:50 日 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]★★
前回:-0.2%

08:50 日 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [年率換算]★
前回:-0.6%

15:00 独 4月 鉱工業生産 [前月比]★
前回:1.0%

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 





6月7日(木): 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便の登録はこちら

6月7日(木)

15:00 独 4月 製造業新規受注 [前月比]★
前回:-0.9%

18:00 欧 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前期比]★★
前回:0.4%

18:00 欧 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前年同期比]★★
前回:2.5%

21:30 米 新規失業保険申請件数★
前回:22.1万件

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 





ドル/円のアナリシス(1)

ドル/円について、最近「ブルベアFX通信」のレポートをもってロジックを説明したい。
まず5月30日日足でのアナリシスは以下の通り。

5月30日配信 「オポチュニティ ドル/円・基調の維持」

ドル/円 日足(5月30日作成)

リスクオフ云々よりもドル/円の「八連陽」が行き過ぎだったので、先週ドル/円の大幅反落はそれに対する修正といえる。昨日の続落はその継続であったが、主要クロス円と違って、日足におけるドル/円の基調が崩れたとは言い切れない。

何しろ、上のチャートで表示しているように、昨日の大幅下落があったにもかかわらず、GMMAチャートにおける短期線グループと長期線グループの逆転がなお確認されず、この前の「トビウオ」のサイン(緑矢印)を否定するにはハードルが高いではと思う。

というのが、昨日の安値はメインサポートを試し、また一旦制限された公算が高い。同メインサポートゾーン、一連の高、安値(a~d)で形成されていただけに、容易く下放れできないでしょう。メインサポートゾーンを下放れでき
ない限り、GMMAにおける「キャシャロット」(デッドクロス)のサインが点灯されないと推測でき、オシレーター系指標らのサイン(その多くは反落自体を単なる調整と示す)と相まって、目先の下げ一服感を漂わせる。

プライスアクションの視点では、昨日と本日の罫線で「インサイド」を形成していくでしょう。同サインの上放れがあれば、一旦底打ちを示唆してくれるかとみる。いつものように、ドルの反騰があれば、ファンダメンタルズによる
ドル高を支援する材料も後に出やすいから、イタリア問題の一服も想定される。