Announcement: FXスクールジャパン2018年度受講生 受付まもなく
Forex Trading Education Community

Category Archives: ブルベアFX

サインもいろいろ

IG証券さんのチャートを使わせていただき、気になるサインについて検証しておきたい。


ポンド/円 週足(@IG証券)

まずポンド/円の週足に観察すればわかるように、2016年安値から引かれるメインサポートラインが先週の安値と合致、一旦サポートされたと言えるものの、これから再度打診する場合、下放れの可能性も大きくなっている。

何しろ、先々週の大陰線は1月第2週の安値を割り込み、先週を含め、連続2週間その下で大引けした。1月第2週の足型、典型的な「スバイクロー」であっただけに、地合いの悪化が鮮明であった。

更に、1月末の高値更新、当週の大陽線は一旦1月半ばの安値に接近して再度反転して高値更新、また陽線引けしていたので、本来強気「リバーサル」のサインを点灯していたはずであった。ゆえに、先々週からの大幅下落、同サインの指示と逆行してきたわけで、同サインの意味合いも変化されたと言える。換言すれば、同サインは強気の意味合いを示していたものの、結果的に市況が弱気変動に動いたから、一転して「ダマシ」のサインと化した疑いが濃厚だ。

「ダマシ」ほど正確な指示はない、という言い方もあるように、2016年安値を起点とした大型上昇波の終焉を警戒しておきたいところだ。メインサポートライン以下の大引けがあれば、蓋然性が高まるでしょう。146円台後半~147円台後半からのサポート・ゾーンの下放れと相まって、下放れの有無が注目されよう。もちろん、メインサポートゾーンとなるだけに、一気に下放れできるとは限らないので、一旦リバウンドの可能性も大きいでしょう。しかし、前記「ダマシ」の疑いを完全に払拭できない限り、強気スタンスになり切れないでしょう。


金・ドル建てスポット(@IG証券)

次はドル建て金をみてみよう。抵抗ゾーン(黄)やサポートゾーン(ピンク)に挟まれ、しばらく保ち合いの継続が想定されるが、2016年11月9日(トランプ氏当選)高値(紫の矢印)に対するブレイク、昨年9月高値(黄の矢印)や今年1月高値(緑の矢印)にて確認されたものの、総じてメイン抵抗ゾーンに制限されている形となり、上値重さが露呈されているかと意味取れる。仮にここから反落が続き、サポートゾーンを割り込む場合、結果的にこの二回の高値更新が「フォールス・ブレイクアウト」になる可能性があるから、要注意だ。

もちろん、ここから抵抗ゾーンをブレイクすれば、大きく上値余地を拓くでしょう。が、金の大幅な上昇、ドルの更なる下落を共わないなかなか難しいから、ドルの状況も確認しないといけない。


ドルインデックス 日足((@IG証券)

最近金の強気変動を保てた前提条件のひとつは間違いなくドル全体の軟調だ。昨年年初からほど一貫して下落してきたから、比例してみると、ドル建て金の上昇は物足りないさえ思われる。

ドル全体に対する見方もいろいろあるが、上のチャートで表示しているように、先週末ドルインデックスの安値更新、一時に留まり、当日むしろ反騰していたから、安値更新自体が「フォールス」、即ち「ダマシ」になる可能性もある。だから、メイン抵抗ゾーンのブレイクが確認されるまで、金に対する強気見通しもほどほどに、といったところではないか。市況はいかに。

戸松さんと対談させていただきました!2018年以降の国内外の株式市場、為替相場で注目すべきポイントをご紹介!

★陳 満咲杜がおすすめするIG証券のポイントとは?

IG証券は国内外の株式CFDやFXなどの金融デリバティブをトレードする
プロの投資家に非常に人気がある証券会社です。
なぜIG証券が、これだけ多くの投資家・トレーダーに愛されているのか。その背景にはトヨタやアップルなどの個別株からダウ、日経平均などの主要株価指数をCFDとして取引できること。またFXのスプレッドコストが非常に低いこと。例えばドル円0.3銭(原則固定。例外あり)。

このように世界のマーケットにアクセスできる、幅広いサービスラインナップが用意されていることが同社の最大の強みだと私たちは思います。口座開設は無料でできますので、是非素晴らしい同社のサービスをまずは実感してみてください。

▼IG証券はこちら

陳満咲杜


「節目割れ」のドル/円と豪ドル/円

IG証券さんのチャートを使わせていただき、プライスアクションの視点でドル/円と豪ドル/円の状況を分析してみたい。


ドル/円 日足(@IG証券)

先週ドル/円は大幅続落、昨年安値の割り込みをもって2016年12月高値118.66を起点とした下落波の延長を示唆。もっとも、2017年2月以来、大型レンジ相場を形成してきただけに、昨年9月安値の割り込みはレンジ変動の打破、即ち下放れを示しているので、先週105円台半ばの打診があってもサプライズではなかったと言える。プライスアクションの視点でも、昨年9月安値打診、またその後の切り返しで点灯した「フェイクセットアップ」のサインが否定されるところが大きく、また目先の「節目割れ」と認定できるかと思う。

なにしろ、昨年7月の高値トライ、同5月高値に対する一時のブレイクは「フォールス」、即ち「ダマシ」であったから、その後9月の安値トライにつながったわけ。一方、昨年9月の安値更新、結果的に大きな切り返しをもたらしたから、底打ちのサイン(フェイクセットアップ)として重視され、本来ブルトレンドへの展開が期待される存在であった。しかし、その後11月の高値も一時の高値更新に留まり、再度「ダマシ」のサインを点灯したから、大きな下落波を教えきた。先週の安値更新まで、途中における二つのサインも注目される。

ひとつは昨年11月安値の割り込みで下方余地の拡大、もうひとつは1月安値が一旦昨年9月安値の支持を意識したところ、結局2月2日の大陽線が「ダマシ」のサインで終わっていたこと。「ダマシ」の意味合い、1月26日の「スパイクハイ」に対する「上放れ」が失敗したことに加え、前記昨年11月安値の割り込みで逆に抵抗ゾーンとして機能していたことが挙げられる。この視点では、大型レンジの真ん中、もうひとつ抵抗ゾーン(ピンク)が規定されることで下放れの準備ができ、また実際下放れできたわけだから、レンジ自体の「倍返し」が警戒される。

英EU離脱以降、日足におけるボトム~ボトムと数えるサイクルでは、20週~23週といった変動のリズムが観察され、昨年9月8日安値の当週からすでに23週が通過され、先週末日足が示した「スパイクロー」の可能性に鑑み、まず下げ一服の可能性もある。但し、この場合でも元レンジの下限が大きな抵抗ゾーンと化し、容易な上放れを期待しにくいでしょう。強くても安値圏での保ち合い、といった弱気変動が余儀なくされ、しばらく安値鍛錬が続くかとみる。


豪ドル/円 日足(@IG証券)

先週大幅続落、昨年11月安値84.30の割り込みをもって昨年9月高値90.40を起点とした下落波の構造を鮮明にした。「節目割れ」というのも、明らかに先宇年11月安値割れを指し、ベア構造のポイントとして注意しておきたい。この場合、早晩昨年6月安値81.69、また同4月安値81.48の打診や割り込みにつながると思う。日足における大型「三尊トップ」といったフォーメーションも想定され、ここからの下値打診があれば、一段と大幅な下値余地を拓くでしょう。

一方、連日の急落で幾分オーバーシュートの疑いが浮上、2月14日の日足、典型的な「スパイクロー」のサインを点灯していたから、早期割り込めなければ、まずスピード調整(切り返し)が図られよう。この場合、84円台前半の抵抗も当然意識されるが、2月13日大陰線で示した弱気「リバーサル」のサインが点灯された85円台後半のレジスタンスゾーンが注目される。換言すれば、早期上放れなしではベアトレンドが継続され、目先「売られすぎ」があってもベアトレンド自体の修正は容易ではないとみるべきであろう。

ベアトレンドの修正、85円台後半~86円台前半のメイン抵抗ゾーンの上放れを前提条件とする視点、昨年8月安値や8月29日罫線が示したサインに鑑みるところも大きかった。チャート上示したように。「スバイクロー」や「フェイクセットアップ」のサインが点灯していたところもあって、前記「弱気リバーサル」のサインが、また昨年12月5日高値も明らかに同メインゾーンを意識していたから、戻りの抵抗として強烈な存在となろう。日足における大型「三尊天井」の否定、同メイン抵抗ゾーンを突破しない限り、時間の推移につれ、蓋然性が増していく見通しで、弱気構造の一段完成にご注意。

戸松さんと対談させていただきました!2018年以降の国内外の株式市場、為替相場で注目すべきポイントをご紹介!

★陳 満咲杜がおすすめするIG証券のポイントとは?

IG証券は国内外の株式CFDやFXなどの金融デリバティブをトレードする
プロの投資家に非常に人気がある証券会社です。
なぜIG証券が、これだけ多くの投資家・トレーダーに愛されているのか。その背景にはトヨタやアップルなどの個別株からダウ、日経平均などの主要株価指数をCFDとして取引できること。またFXのスプレッドコストが非常に低いこと。例えばドル円0.3銭(原則固定。例外あり)。

このように世界のマーケットにアクセスできる、幅広いサービスラインナップが用意されていることが同社の最大の強みだと私たちは思います。口座開設は無料でできますので、是非素晴らしい同社のサービスをまずは実感してみてください。

▼IG証券はこちら

陳満咲杜


保護中: メルマガ読者様限定 2018.02.18号

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


最後の砦

今週ザイFXにて開示したレポートの続きとして、8日のレポートを開示しておきたい。本文は以下の通り:

001
ユーロ/円 日足

002
ポンド/円 日足

ユーロ/円もポンド/円も2日高値更新を達成してから急落してきた。背景には株市市場の波乱があったが、内部構造には転換期におることが示唆される。既述のように、高値更新後の急転、トレンド転換の前兆として警戒され、また
いくつのサインが点灯されているのも確かだ。但し、GMMA+一目均衡表上では、最後の砦ともいえるサポートゾーンもみられるから、性急な判断や行動を避けたい。

チャート上表示されているように、2日高値を前後にして形成された「宵の明星」が点灯され、この前の「スパイクロー」の割り込みによって弱気サインを強化している。「雲」ゾーンの支持と相まって、GMMAの「鰯喰い」サインを形成して、再度高値トライする可能性もあるが、ハードルは高いことも推測される。

ユーロ/円の場合、昨日の大陰線が弱気「リバーサル」のサインだったので、昨日高値135.85のブレイクなしでは基調の好転を認定できないでしょう。ポンド/円の場合、6日から「IOi](厳密ではないが)を形成、ここから上放れがあっても5日の大陰線を否定できるかどうかは不透明だ。

この意味では、仮にここから再度底打ちを図り、また強くリバウンドして来る場合、これこそブルトレンド継続を証左するサインとなり、従来ターゲット(ユーロ/円の140、ポンド/円の160)に照準しよう。反面、目先のハードルを
クリアできずに終わる場合、2016年安値を起点とした大型上昇波の終焉を覚悟。これからのサインを丁寧にフォロー、次なる取引のチャンスを掴みたい。

ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


抵抗の確認

001
ドル/円 日足

米株をはじめ、世界株式市場の波乱でドル/円の値動きも荒れてきた。昨日「スパイクロー」(3)の足型をもって109関門以下のサポートを一旦示唆したものの、2日の高値トライの意味を整合的に考えれば、やはり油断できないかと思う。

なにしろ、2日(2)は一旦この前の「IOi」を上放れしたものの、結局失敗に終わり、却って1月17日(1)の安値前後に留まった形で抵抗ゾーンを露呈させたから、戻りの限界を示唆したとみる。さらに、1月17日の罫線、一旦強気「リバーサル」のサインを点灯したものの、その後安値更新をもって「ダマシ」のサインと化していたから、2日の上放れも基本的に「ダマシ」になる公算が大きい。

となると、昨日罫線のサインに確信を持たず、再度安値更新があれば、2日罫線の「失敗」を一段と証左してこよう。次なるサイン待ちで、性急な判断を避けたいが、慎重なスタンスをもって臨むべきであろう。市況はいかに。


「鰯喰い」もいろいろ

「ブルベアFX通信」昨日のレポートです。本文は以下の通り。

001
ユーロ/円 日足
002
ポンド/円 日足

昨日ユーロ/円もポンド/円も「スパイクロー」、即ち「たぐり」線をもって反落の一服を示唆していた。重要なのはGMMAにおける50や60日EMA線を一旦打診してから高く大引け、典型的な「鰯喰い」のサインを点灯したこと、
同サインの確認でブルトレンドの継続、また押し目がすでに完成された可能性を示唆している。

もっとも、昨年11月から両通貨ペアは度々「鰯喰い」のサインを形成してからブルトレドを維持してきた。上のチャートに表示されたように、「鰯喰い」のサインに伴うプライスアクションのサインも然りだったので、今回も蓋然性が
高いとみる。

要するに繰り返してきたパターンなので、順張りで再度高値更新が期待されるでしょう。また、再度押し目があれば、昨日のサインを完全に否定できない限り、引き続き押し目の好機と見なせるでしょう。ユーロ/円の135前後、
ポンド/円の153後半はサポートゾーンとなれば、上昇モメンタムの一段加速が想定される。

ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b


深読みしないほうが正解か

0125
ドルインデックス 月足

ムニューシン米財務長官は世界経済フォーラムで「弱いドルは米貿易収支にとって短期的に有利だが、長期的には堅調な通貨であると確信している」と言い、「ドルについて私は首尾一貫していると考える。これまでの財務長官もドルについて発言した。私がこれまで言ってきたのは、まず第一に通貨の自由な取引を支持しているということだ」と述べた。更に、「現在のドル水準は私の懸念要因ではない」と追加した。

「念仏」のように歴代財務長官が繰り返してきた「強いドル政策」はそもそも有名無実な政策だったが、ムニューシン氏の口から「政策転換」と言われると市場は驚き、またドル売りに拍車を掛けたのも当然の結果と言える。但し、その後、米財務長官自身がの発言を訂正したように、為替市場の現状についた感触に過ぎず、米政府が公式に米ドル安志向に転換したという判断は性急かつ乱暴だ。要するに、ドル安を容認することを言っているが、それ以上大袈裟な解釈は要らない。

ドル安の容認、今更サプライズになる必要もないでしょう。ドル売り介入した際でも「強いドル」云々を言っていた米為替政策は昔から「二枚舌」の体質なので、むしろ公言したムニューシン米財務長官のほうが「正直者」だといった印象さえある。更に、そもそも米国には為替政策自体が存在しなかったという見方も多く、「米為替政策の歴史的な転換」といった大袈裟のタイトルを付いた記事を深読みしないほうが正解かもしれない。

もっとも、トレンドが大分進んでいた上、トレンドに沿った大きな材料の登場は往々にして「クライマックス」の局面を作る、という前例が多かっただけに、米財務長官の発言の蓋然性もテクニカル上の観点と整合的に考えないといけない。ドルインデックスの月足におけるオーバーシュート、ますます鮮明になってきたので、警戒しておきたい。詳細や正誤についてまた検証していくつもりだが、今晩ECB総裁の発言も材料になり得ることに注意。市況は如何に。


オポチュニティ ポンド/円・「倍返し」の土台

ポンド/円は昨日また高値更新したので、18日のレポートを公開したい、本文は以下の通り。

102
ポンド/円 日足(1月18日作成)

ポンド/円は高値更新を果たしている。度々指摘してきたように、ポンドの上値余地がなお大きく、早晩高値更新をもって上昇加速するから、昨年9月高値から形成されてきた大型保ちあいのブレイクが再度確認されたわけで、その「倍返し」のたーげとである158円台後半の高値に照準できるでしょう。

大型保ちあいの上放れ、昨年12月8日罫線の「スパイクハイ」のサインをもって一旦確認され、今年1月5日の高値更新をもって再度確認、そして昨日の高値更新をもって三度目の確認が行われたとみる。ここから上昇加速が想定され、また自然な成り行きであろう。

もっとも、、大型保ちあいの形成また上放れ、GMMAチャートにおける「鰯喰い」のサインと相まって再三に渡って底を確認してきた経緯も鮮明、内部構造上の強さが示されたところも大きい。チャート上にて数字番号をもって表示
しており、直近の場合、1月10日~12日で形成された「明けの明星」はもっと鮮明なサインと見做されるから、再度高値更新はもちろん、上昇を加速していく土台として堅実なものと示されたと見る。強気スタンスを維持、押し目待ちに大した押し目なし、といったリスクさえ警戒される。

ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b