Announcement: FXスクールジャパン 受講生の募集開始!
Forex Trading Education Community

Category Archives: ブルベアFX

ポチュニティ ポンド/ドル・「王道」にいく

本日は6月9日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


ポンド/ドル 日足

英選挙を受けポンドは急落してきた。日足では、いくつのサインが鮮明にな
っており、「戻り待ちの戻りなし」といったリスクさえある中、下値追いを
含め、ショートスタンスを維持していきたいと思う。

もっとも重要なサインは昨日の高値更新が結果的に「ダマシ」であったこと
であろう。5月18日~同25日で形成される「インサイド」(A)、5月26日の大
陰線をもって下放れを果たし、構造的にトレンドの転換を示唆していたこと
は既述の通り。5月31日の安値打診やそのあとの切り返しは昨日の高値トライ
につながったが、5月31日~6月2日の「インサイド」の形成やその後の上放れ、
また一時5月26日高値1.2945のブレイクもあったが、結果的本日の急落によって
すべて否定され、「ダマシ」のサインを明確化させただけに、ベアトレンドの
継続が続くでしょう。値幅が大きかったからこそ、弱い戻りに留まる可能性が
大きいから要注意。5月26日、5月31日罫線の「ピンバー」部分、目先の抵抗
ゾーンと化すなら、ベアトレンドにおけるモメンタムを証左しよう。

ポンド/ドル 時間足

時間足でみる限り、昨日高値から本日ザラ場安値まで5波構造を持つ推進波の
完成がみられ、ここから調整子波にあたる切り返しがあってもおかしくなか
ろう。しかし、前記の通り、強い下落波に当たり、戻りは強くでも1.27半ば
~1.28関門前後に留まる公算が高く、切り返しが一服した後ベアトレンドへ
復帰する見通し。子波序列では第3波と数えるから、更なる強い下落が想定
され、1.25関門の打診を目指すでしょう。「王道」にいくなら、ポンド売り
しかない。

 

bullbearfx_img_b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


オポチュニティ ドル/円・底打ちのサインを待つ

本日は6月6日・13日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


6月6日配信レポート
ドル/円 日足

ドル/円は下値をトライしている。5月18日安値(a)を下回り、5月10日高値を
起点とした反落波の延長を示唆。既述のように、4月末形成された「ギャップ」
を埋める値動きをもたらすが、同サインの意味合いを重視する場合、そろそろ
底打ちのサインを期待できると思う。

もっとも、本日の下げは先週末のサイン(d)を継承した形であることを見逃
せない。米雇用統計の悪化を受けたドル売り、同日の「アウトサイド」や「リ
バーサル」のサインを灯し、目先の安値につながったわけ。この場合、5月24
日高値を起点とした下落の一貫として位置づけ、5月23日安値(b)、同26日
安値(C)をダブルボトムと見做した場合、目先の下値トライ、すでに24日高値
をトップとした元変動レンジの「倍返し」(下放れ)のターゲットを達成した
とみる。

度々強調してきたように、4月末形成されていた「ギャップ」自体はトレンド
を転換させた重要なサインだから、同「ギャップ」に近づけば近いほど下げ
一服の公算が高いとみる。ボリンジャーバンドの下限も同水準と合致、ここ
からの焦点はモメンタム加速の有無にあるだろう。先週末の大陰線、GMMA
チャートにおける意味合いとして、抵抗ゾーンの再確認や「キャシャロット」
(移動平均線のデットクロス)の強化に当たり、ここから下落モメンタムの
一段加速も想定されるが、下落一服また安値余地限定なら、5月10日高値を
起点とした反落波の終焉を覚悟。但し、111関門の回復なしでは当面安値圏
での保ち合いにとどまり、また底打ちのサインの形成も複数をもって行わ
れる可能性があるから、目先辛抱強くサインを待ちたい。


6月13日配信レポート
ドル/円 日足

6月6日レポートの続きでドル/円における底打ちの可能性を検証しておきたい。
前回では、4月末ギャップへ逆戻りしたことで下げ一服になりやすいことを
論じていたが、先週後半の切り返しは同下げ一服を示唆、サインの点灯により
近付いていると思う。

もっとも、6日(a)の下落が5月18日(A)安値を割り込み、翌日(7日、b)の
安値更新につながったが、同日安値更新してから陽転、また8日(c)の安値
は6日の終値や7日の始値と合致していたことは見逃せない。同パターン、底
打ちの兆しを示し、一昨日(9日、d)の高値トライにつながったわけだ。

一昨日の高値トライ、「上ひげ」風陽線をもって5月18日罫線の「下ひげ」の
役割の転換を暗示していた。要するに、5月18日罫線の「下ひげ」部分がしば
らく抵抗ゾーンと化していたので、一旦破れると今回は抵抗ゾーンと化し、9
日の高値トライ、同水準に一旦頭抑えられたのも自然な成り行き。

この意味合いでは、底打ちのサインがまだ点灯されていないが、点灯する地合
いが整えているでしょう。昨日の安値、或いはこれからの押しがあっても安値
更新できない場合、条件1を満たし、そして5月高値から引かれた抵抗ラインの
ブレイクがあれば、条件2を満たすはず。その後、9日高値の再更新をもって条
件3を果たすから、「1-2-3」の法則ではトレンド転換のサインとして重視され
よう。この場合、6月2日高値のトライにつながる公算。

既述のように、同高値は「転換点」としてこれからの基調を決める。同高値を
上回れば、底打ちのサインが確認され、また新たな上昇波の展開が認定されよ
う。従って、トレンド系指標の反転を待たずにしてトレンドに乗る場合、前記
「1-2-3」法則に沿った形のブレイクがあれば、ロングポジションを試すチャン
スと捉える。


以上はこの間のレポートで、底打ちのサインをひたすら待っていたところ、
実はそのサインが15日を待たないと点灯しなかった。換言すれば、市況分析と
トレードは別物で、見通しが大まかにあっていたとしても途中の市況が急転
された場合、確実なサインが点灯されるまでひたすら待つことが重要である。

この辺の詳説はまた次回・・・・・

bullbearfx_img_b

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


オポチュニティ ドル/円・サインの正誤

本日はブルベアFX通信の中から5月25日(木)のレポートを一部公開します。

ドル/円 日足
ドル/円 日足

ドル/円は保ち合いを続いている。しかし、最近のプライスアクションのサイン
に鑑み、本来ドル/円はここから続伸するはずなので、足許の足踏みは調整子波
自体がなお完成されていないことを暗示していると受け止める。

日足では、5月18日から同22日まで「インサイド」のサインを形成、一昨日(23)
にて「リバーサル」のサインを点灯してから高値を更新、かつ18日高値より高く
大引けしていたから、「インサイド」の上放れを果たし、本来昨日続伸するはず
だった。しかし、昨日の反落は同サインの指示効用を一旦弱め、本日高値更新の
有無が焦点になってこよう。

更に、同サインの上放れの指示が本来強いものだったので、10日高値114.36から
の全下落幅の半分戻り(≒112.30)を超えなければ、サインの確認をできるとは
いいきれない。従って、本日高値トライできず、一転して始値を下回れば、調整
波(反落)の継続が示唆されよう。

ドル/円 時間足
ドル/円 時間足

時間足では、18日安値110.20からジグザグ変動構造を示していることに注意、
同構造は典型的な調整波の特徴を示しているから、10日高値を起点として下落
波におけるスピード調整と見做す。この場合、早期高値トライ、また112.30
以上の値動きを保てないと、却って売られやすく、再度安値打診していくで
しょう。目先押し目に性急すべきではないか。

ブルベアFX通信:ストラテジーの考えやエントリーのポイント、スクールのケーススタデイでも詳しく説明していたが、ポンドのロング戦略、実は17日から構築していた。その理由もスクールにて取り上げていたので、整合性をもってフォローできたと思う。この辺の事例、また明日にも紹介したいと思う。

bullbearfx_img_b

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。
ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


「プライスアクションの視点」=豪ドル円レポート

今回は、5月15日(先週月曜)に配信したブルベアFX通信「プライスアクションの視点」から豪ドル円のレポートを一部公開したいと思います。


 

20170521_1img豪ドル/円  日足

 

アナリシス:先週の値動きは限定、先々週と「インサイド」を形成、戻りの弱さを示唆。もっとも、先々週自体、4月最終周の週足の値幅を超え、「アウトサイド」のサインを点灯していたから、最近三週間の組み合わせ、典型的な保ち合いのパターンと化す。既述のように、先々週週足が示した「アウトサイド」のサイン、打破するにはハードルが高く、しばらく82円台半ば~84円台半ばといった変動レンジに留まり、先週の値動きは我々の想定範囲。従って、これからも値動き次第、レンジの打破を図り、次の方向が示されるが、豪ドル/ドルの基調に鑑み、総じて頭重い展開。原油、金など商品相場の軟調が豪ドルを押さえる要素として意識され、ドル/円のスピード調整が続ければ、レンジの下放れが想定される。この意味合いでは、先週の保ち合い、先々週の「アウトサイド」のサインがもたらす基調を薄め、再度モメンタムの失速を暗示するサインとして意識される。もっとも、先週にてすでに4月末形成された「ギャップ」を試していたから、再度トライがあれば、支持ゾーンとして果たせるかどうかは大きな焦点となろう。果たせない場合、再度4月安値打診もあり得る。この場合、200日線(≒82.62)割れが先決条件となるだけに、「ギャップ埋め」があれば、ベアトレンドの一段進行を覚悟。反面、50日線(≒84.27)に抑えられる形で先週の高値が限定的だったので、切り返しの継続、同線のブレイクが先決条件となってこよう。しかし、仮に一旦上放れがあっても、既述のように、ブル基調の回復、最低的も3月末高値85.76の更新を前提条件とするだけに、ハードルがかなり高いとみる。従って、何等かの材料で一時85関門の打診があっても、早期上放れを確認できない場合、頭重い構造が継続される見通し。先週と同様、レンジ変動の延長も想定しながら、引き続きレンジの下放れを警戒。

陳 満咲杜

ブルベアFX通信:ストラテジーの考えやエントリーのポイント、スクールのケーススタデイでも詳しく説明していたが、ポンドのロング戦略、実は17日から構築していた。その理由もスクールにて取り上げていたので、整合性をもってフォローできたと思う。この辺の事例、また明日にも紹介したいと思う。bullbearfx_img_b

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


オポチュニティ ドル/円・当面のトップを探る

今回は、11日に配信したブルベアFX通信から「オポチュニティ ドル/円・当面のトップを探る」を公開したいと思います。

最近ドル/円の記事が続いているので、よい事例かと思います。また、毎日市況が流動的だから、毎日の判断も違ってくるので、FXスクールのリアルスタデイにご参加を。



ドル/円 日足

ドル/円は当面114.50/60前後にて一旦頭打ちの可能性がある。同見方、以下の
2点から探れる。まず、年初来高値を起点とした切り返しの61.8%FIBO位置は
114.60前後におること、次に、RSIが「リバーサル」のサインを強化している
こと。

足許114円台の高値打診、4月安値108.10から一本調子の上昇を果たしただけ
に、足許RSいの水準、3月高値を対応するRSIの水準をはるかに超えている。
同シグナル、トレンドの修正を必ずしも意味しているわけではないが、いわゆる
「オーバーボート」を示すサインとして重視され、また効いてくる公算が大きい。


ドル/円 5分足

5分足では、108.10を起点とした上昇5波における最終子波が112.09から数え
られ、同子波自体の5波序列もしっかり数えられる。この場合、第3子波の延
長で第5子波が第1子波と等しい傾向にあるから、114円台半ばのターゲット打診
をもった一服されやすいと推測。113.64を起点とした第5子波自体の上昇ウェッ
ジの構造も同蓋然性を暗示、目先高値追いを避けたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


オポチュニティ ポンド/円・全幅戻しの土台

mmexport1457427243255

本日は2017.4.24に配信した「ブルベアFX通信」の中からポンド/円のレポートを公開します。

ポンド/円 日足

今朝のリスクオンムードでポンド/円は大きく上昇、ギャップを付けてから142関門手前をトライした。一気にメインレジスタンスゾーンを突破しただけに、1月27日高値144.78へ全幅戻しの可能性に注目しておきたい。

144.78を起点とした下落、2月7日安値138.54を割り込む前に、140.74(1)や140.61(2)にて「ダブル・トップ」に近い形でメインレジスタンスを示し、また下放れが果たした後の切り返しが140.09(3)に制限されたことでメインレジスタンスを強化、その後の安値更新につながった。従って、140.09~140.75といった抵抗ゾーンが突破されない限り、ポンド/円の上昇波が制限される可能性が大きかった。

しかし、フランス選挙に進展につれ、今朝同メインレジスタンスゾーンを一気に上回り、足許では寧ろサポートゾーンとして化しているように見える。「ギャップ」自体がサポートゾーンと合致しているだけに、これから完全に埋められず、また再上昇してトレンドの強さを示唆しよう。この場合、144.78までのの上昇、一直線に行かなくても、基本的には大した抵抗が存在しないため、同高値はロング筋の視野に入ってこよう。

GMMAとの整合性から見ても、140.09~140.74といった抵抗ゾーンが強かったが、一気に上放れした以上、日足における「トビウオ」、すなわちゴールデンクロスのサインを点灯する蓋然性が高まる。


当然のように、「ブルベアFX通信」のスタンスはロング、浅い押しを想定した上、下記のストラテジーとフォローを出していた。

 

2017年4月25日 0:02
ポンド/円ロング@140.20~140.30、2@139.70~139.80、ストップ@138.80ターゲット@142.70~143.30

 

2017年4月25日 18:39
ポンド/円ロング@140.20~140.30(成立)、そのほか指値はキャンセル、ストップ@140.30へ上方修正、ターゲット@142.70~143.30-

 

ストラテジーの考えやエントリーのポイント、スクールのケーススタデイでも詳しく説明していたが、ポンドのロング戦略、実は17日から構築していた。その理由もスクールにて取り上げていたので、整合性をもってフォローできたと思う。この辺の事例、また明日にも紹介したいと思う。

bullbearfx_img_b

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。
ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


ブルベアFX通信 4月21日レポート公開!

mmexport1463486819046

本日は2017.4.21に配信した「ブルベアFX通信」のレポートを公開します。


ドル/円 4時間足

ドル/円は緩やかな切り返しを見せているが、なおべアトレンドに位置、下落志向を修正するには従来のプライスアクションのパターンを打破しなければならない。同打破の有無、これからドル/円の値動きを探る重要なポイントとなってこよう。

昨日の高値、(C)と表示しているが、(A)、(B)に対するブレイクを果たしていたものの、ここから早期続伸しないと、結果的に「フォールス・ブレイクアウト」、すなわち「ダマシ」になりかねないから、同サインが点灯される場合、安値再更新をもたらす。だから、このようなPA上のパターンを打破していくのがドル/円続伸の前提条件となる。

実際、4月10日の高値C、その前の高値A、Bに対するブレイクがあったものの、その後の急落をもって「フォールス・ブレイクアウト」のサインと化し、今週の安値をもたらした経緯があった。従って、直近のサポートゾーン(≒108.60前後)を下回れば、基本的にこのパターンの繰り返しとして警戒すべきであろう。日足での前例、3月10日の高値トライ、また
サインの点灯が記憶に新しい。チャート上の表示は以下の通り。


ドル/円 日足

ちなみに、「ブルベアFX通信」のストラテジーやフォローは以下の通りだった。
 

2017年4月18日 16:54
ドル/円ロング@108.70~108.90、2@108.35~108.55、ストップ@108.05

2017年4月19日 16:21
ドル/円ロング@108.70~108.90(成立)、2@108.35~108.55(成立)、
ストップ@108.05、ターゲット@110.00~110.30-

2017年4月20日 11:32
ドル/円ロング@108.70~108.90(成立)、2@108.35~108.55(成立)、
ストップ@108.25へ上方修正、ターゲット@110.00~110.30

2017年4月21日 11:21
ドル/円ロング@108.70~108.90(成立)、2@108.35~108.55(成立)、
ストップ@108.60へ上方修正、ターゲット@110.00~110.30

ロングだったので、当然のように、従来のパターンを打破できると読んでいたが、最後のフォロー、ストップが108.60へ上方修正されたわけ、上の分析をみればお分かりいただけると思う。

bullbearfx_img_b

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。
ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


オポチュニティ ドル/円・プライスアクションのポイント

chart360x230_8

本日は4月7日17:36に配信したブルべアFX通信から「オポチュニティ ドル/円・プライスアクションのポイント2」を公開したいと思います。

ドル/円 4時間足

昨日配信したレポートに続き、本日もドル/円におけるPA(プライスアクション)のポイントをみておきたい。今朝米軍のシリア攻撃、チャート上の節目がいくつか作られたので、改めて検証する必要に迫られる。

まず、かなりリスクオフ、また円買いの材料にもかかわらず、ドル/円は110関門を死守しているところはポイントである。既述したように、ショート筋は110関門割れなしでは仕掛けるに安心感を得られず、また同関門におけるダマシ的な値動きになりやすいから、引き続き気を付けたい。

4時間足では、まず「リバーサルハイ」と表示している大陰線がもたらした下落、一旦110.28にて底打ち、また111.14へ戻っていたところが肝心であろう。換言すれば、昨日レポートで話したように、下落モメンタムは意外に強くなく、また今朝シリア攻撃のニュースなしでは再度安値更新しているかどうかは定かではなかろう。

この意味では、直近の大陰線(リバーサルと表示)、米シリア攻撃の材料を受けた値動きなので、重要な役割を果たす。同線が前の陽線に対して「アウトサイド」のサインでも点灯しているから、同高値111関門が再度上回れると、再びサインを点灯しよう。この場合、「弱気リバーサル」と「アウトサイド」の否定になるから、弱気変動を一段と修正させよう。

さらに、昨日高値111.14を上回れば、今朝の安値打診、「フォールス・ブレイクアウト」の可能性を示唆、一段と「逆の市況」、すなわちドルの反騰を招くでしょう。米雇用統計を控えているだからこそ、油断できない。

とはいえ、トレンドはベアのままなので、基本的にはサインなしでは逆張りをできないうえ、米雇用統計後の「ダマシ」にも要注意。もちろん、110関門割れがホンモノなら、108.50前後をトライ、といった従来のシナリオが維持される。

以下は現在のチャートです。
gen

陳 満咲杜

5a28fdad7ac07e98e7537e632fb64dde

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


ブルベアFX通信デイリー 2017.3.28レポート公開

pin

本日は「ブルベアFX通信デイリー」から2017.3.28のレポートを公開します。

<通貨>
ドルインデックス、ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円、ポンド/米ドル、ポンド/円、豪ドル/米ドル、豪ドル/円


ケーススタディで学ぶプライスアクションの要=FXスクールジャパン

IMG_20170326_143015

こんにちは、FXスクール事務局です。
本日は、投資情報総合サイトを運営されているゴゴジャン社共催により、「ケーススタディで学ぶプライスアクションの要」と題して会場セミナーを開催しました。

本日のセミナーはプライスアクションについて初心者の方にも分かりやすく、ケーススタディを用いて詳しく講義しました。プライスアクションの本質についてどのポイントをフォローしてトレードを行うことが重要なのか、そして「ダマシ」が出現した際の考え方、ブレイクの要はどのようなポイントなのか等、より具体的な考え方について学ぶことができた講義となりました。

20170326_144959569

20170326_141718211

20170326_152733966

講義終了後、質疑応答の時間帯でご参加いただいた方からのご質問もいただき、プライスアクションについての理解もより深まったものとなりました。
今回のセミナーは後日ゴゴジャン社が運営するfx-onサイトでご視聴いただけます。

足元の悪い中、多くの方にご参加いただき、この場をお借りして御礼申し上げます。

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


ブルベアFX通信 中期スパン・カウントA

mmexport1457427202176

今回は、2月14日に配信したブルベアFX通信のレポートを一部公開したいと思う。
通貨ペアはユーロドル、ブルベアFX通信 中期スパン・カウントより。


オポチュニティ ドル/円・次なるチャンス

170126img01

今回は、2月13日 12:53に配信したブルベア FX通信から「オポチュニティ ドル/円・次なるチャンス」を公開したいと思います。

レポート配信する前のストラテジー・フォローは以下の通りです。
ストラテジー・フォローの配信時間:2017-2-10 19:35


オポチュニティ ドル/円・フォローの根拠

pin

今回は、10日に配信したブルベア FX通信から「オポチュニティ ドル/円・フォローの根拠」を公開したいと思います。

レポート配信する前のストラテジー・フォローは以下の通りです。
ストラテジー・フォローの配信時間:2017-2-10 19:35

ドル/円
ロング@111.90~112.10(成立)、2@113.15~113.35、ストップ@112.50
へ下方修正、ターゲット@114.00~114.50へ下方修正。


保護中: メルマガ読者様限定レポート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。