Announcement: FXスクールジャパン 受講生の募集開始!
Forex Trading Education Community

Category Archives: ブルベアFX

オポチュニティ ドル/円・押しの目途

陳満咲杜です。
今回はブルベアFX通信から8月11日に配信した「オポチュニティ ドル/円・押しの目途」を公開したいと思います。


ドル/円 日足

トランプ米大統領による度重なる威迫がリスクオフの値動きをもたらし、米株の調整とともに、円が買われ、クロス円におけるスピード調整が深められ、またドル/円の変動レンジの拡大につながっている。

しかし、北朝鮮の言葉スタイルと大した変わらないトランプ氏の感情的なお話、何等かの厳密なプランに基づいて発言されたものではなく、体制維持を第一目標とする金政権も米軍に先生攻撃を仕掛けるはずはない。こういった正常な思考が正しければ、今回の騒動は本質的なリスクオフではなく、「割高」の米株のスピード調整が主な背景にあることを理解できる。

従って、6月安値に接近、また一時な下放れがあっても、ドル/円は基本的に変動レンジの拡大、という状況におり、ベアトレンドへ復帰することはなかろう。日足におけるボリンジャーバンドやRSIの状況に鑑み、近々一旦底打ちされる公算。

2月安値から、4月安値、6月安値が共にボリンジャーバンドの下限をトライしてから切り返してきたから、大型ソーサーボトムを形成しているわけ、今回も同フォーメーションに制限されるなら、すでに最終段階に入り、早ければ今晩再度底打ちを果たしてもおかしくなかろう。米株の動向は肝心だが、本格的なリスクオフの局面に突っ込まない限り、米株が忽ちベアトレンドへ転換することもなかろう。目先下値追いを避けたいが、押し目はサインなしでは判断できないので、辛抱強くサインの点灯を待ちたい。

陳 満咲杜

詳しくは投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPへbullbearfx_img_b

 

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


8月1日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

 

8月1日(火)

10:45 中 7月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)★
      前回:50.4

13:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表★★
      前回:1.50%

16:50 仏 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)★
      前回:55.4

16:55 独 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)★
      前回:58.3

16:55 独 7月 失業者数★
      前月比 前回:0.7万人

16:55 独 7月 失業率★
      前回:5.7%

17:00 欧 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)★
      前回:56.8

17:30 英 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI)★
      前回:54.3

18:00 欧 四半期域内総生産(GDP、速報値)★★
      前期比 前回:0.6%

18:00 欧 四半期域内総生産(GDP、速報値)★★
      前年同期比 前回:1.9%

21:30 米 6月 個人消費支出(PCE)★
      前月比 前回:0.1%

21:30 米 6月 個人所得★
      前月比 前回:0.4%

21:30 米 6月 個人消費支出★★
     (PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)
      前月比 前回:0.1%

23:00 米 7月 ISM製造業景況指数★★
      前回:57.8

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


7月31日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

 
7月31日(月)


07:45 NZ 6月 住宅建設許可件数★
      前月比 前回:7.0%

08:50 日 6月 鉱工業生産・速報値★
      前月比 前回:-3.6%

10:00 中 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI)★
      前回:51.7

18:00 欧 6月 失業率★
      前回:9.3%

18:00 欧 7月 消費者物価指数(HICP、速報値)★★
      前年同月比 前回:1.3%

22:45 米 7月 シカゴ購買部協会景気指数★
      前回:65.7

23:00 米 6月 住宅販売保留指数★
      前月比 前回:-0.8%

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


雇用コスト指数弱く短期ドル売りへ

FXスクール事務局です。

今回は21時30分に発表した4-6月期四半期実質国内総生産(GDP速報)の結果後のドル円についてチャートを表示したいと思います。

GDPは前回1.4%、予想2.6%です。

指標発表前時点で本日朝からのドル円相場は以下の変動でした。

始値:111.21円
高値:111.32円
安値:110.87円
指標発表直前:111.17円近辺

さて、先ほど発表された結果は【2.6%】となりました。
つまり、予想と同じ結果です。

ただ、雇用コスト指数が弱かったことで指標発表後、一本調子のドル売りが進んでおり、現時点で110.84円近辺まで値を崩しています。

チャートはドル円の5分足です。
usdjpy20170728m5

実線は、GMMAチャートの短期線と長期線がちょうどクロスした水準が抵抗となり、指標発表後に直近安値111.06円を下抜けて値を崩した後、本日の安値だった110.87円を一時的に下抜けて下げ止まっています。

指標発表前の安値水準がサポートラインとして機能したカタチです。
弱い相場であれば、もう一度安値をトライする展開が想定されますが、現時点では押し目を買い拾うといった流れに変化しているようです。
目先は本日安値110.84円が節目として意識されそうです。

 


FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


早期追加利上げ後退⁉ ドル現状

FXスクール事務局です。

本日はFXスクールで日々動画レッスンを行っている通貨ペアの中から、ドル・円・ユーロについて日足チャートを表示したいと思います。チャートソフトはGMMAチャートを描画できるFXブロードネット社のチャートです。

ドル円 日足チャートusdjpy170727d1

ドル円は昨日の相場でGMMAの長期線と短期線が交わる水準が抵抗となり、前日の始値近辺まで下落しました。
本日は一時110.78円まで下落する場面もありましたが、押し目は買われている状態です。
短期的には一目均衡表の雲が節目として意識されそうです。
昨日のFOMC声明後のドル売りが続くのか、それとも短期的な押しに終わるか注目されます。

ユーロドル 日足チャートeurusd170727d1

ユーロドルは非常に強い相場が続いています。
昨日の大陽線の流れを引き継いで、本日の相場は一時1.1776ドル近辺まで上昇する場面もありました。ただ、その後は戻り売りに上値を抑えられたカタチとなり、上ヒゲ陰線を形成しています。
いままでGMMAの短期線がサポート役として機能していましたが、この後も短期線を維持することができるか注目されます。

ユーロ円 日足チャートeurjpy170727d1

ユーロ円はGMMAの短期線下辺をサポートに底堅い展開となっており、直近高値である7月11日の130.76円を試す展開です。
5月の相場でも同じように高値保ち合いの時期がありましたが、その際は一旦GMMAの長期線に打診する押し目を形成しています。
今回も同じように一旦長期線に打診する展開となるか、それとも直近高値130.76円を上抜けて上昇ラリーを演じるか注目されます。

FXスクールジャパンでは、リアルチャートを用いた動画レッスンを日々行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。
陳先生による動画レッスンは、GMMAやプライスアクション等のテクニカル指標を用いた動画のリアルケーススタディです。日々の注目ポイントや現状分析、今後の展開など、陳先生のFX手法を学ぶことができます。

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


オポチュニティ ポンド/ドル・「コップの中の嵐」なのか

本日は7月25日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


7月25日配信レポート

ポンド/ドル 日足

19日レポートの続きでポンド/ドルの現状を再確認しておきたい。結論から申すと、従来の見方に修正なし、即ちブルトレンドの途中といった判断は維持され、ロングスタンスで臨むべきかと見る。言い換えれば、7月18日罫線がもたらした弱気「リバーサル」のサイン、コップの中の嵐」に過ぎず、スピード調整がすでに終焉した可能性が高いとみる。

既述のように、6月安値を「ヘッド」とした「ヘッド&ショルダーズ・ボトム」といったフォーメーションの成立でポンド/ドルの高値更新は重要なサインを灯し、また続伸の余地を大きく拓いた。同フォーメーションに鑑み、右「ショルダー」を形成していた7月12日の罫線(A)が重要な役割を果たしていたことが分かる。何しろ、同日の安値、6月14日、19日高値を一旦トライしてから強気「リバーサル」のサインを点灯、その後の高値更新を果たしていたから、上昇の基盤を固めたわけ。

同じ視点では、20日(B)の安値も11日高値と合致、所謂「適切な押し」を果たした公算が大きい。昨日20日高値の更新もあって、「インサイド」の上放れを完成とみる場合、ここからの続伸も蓋然性が高いでしょう。更に、6月30日~7月12日までの反落、「フラッグ」のフォーメーションを示し、6月21日安値を起点とした上昇波の継続、また上値余地の拓きといった示唆は前記「三尊底」の指示と合致、7月18日罫線が示した「弱気リバーサル」の否定、即ち高値更新につながる公算。

ティリーでも指摘しているように、高値更新があれば、18日のサインを改めるから、一転して上昇モメンタムの加速をもたらす見通し。高値更新後の買い増しも一手か。

陳 満咲杜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!


7月21日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら


7月21日(金)

08:50 日 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)★
      前回:-350億円

 

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


オポチュニティ豪ドル/円・サインが維持されるわけ

本日は7月11日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


7月11日配信レポート

豪ドル/円 日足

7月4日レポートの続きで足許豪ドル/円のサインを再確認しておきたい。
結論から申すと、ブル基調の継続が再確認され、強気のサインが強化されているとみる。

この前のレポートで指摘したように、豪ドル/円の強気サインは5月高値で形成していた「ダブル・トップ」のブレイクでGMMAチャートにおける「トビウオ」のサインが確認され、足許の高値トライにつながったわけ。

この上、ブル基調の確認や強化は以下に2つサインをもって再確認されている。まずはサポートゾーンの再確認であった。2月末安値や3月末高値で形成された元抵抗ゾーン、ブレイクされると今度はサポートゾーンとして意識されるかどうかは肝心なところで、5日、6日や7日安値をもって同役割が証左され、強気変動の継続を強く示唆していた。

次に、7月4日の日足、弱気「リバーサル」のサインを点灯、本来トレンドの転換をもたらしてもおかしかくないが、本日ザラ場にて4日高値が更新され、同サインが「ダマシ」であったといえる。この場合、ブルトレンドの一段延長を示唆するサインとして重視、2月高値への「前値戻し」が視野に入ってこよう。強気サインが維持される以上、トレンド・フォローに徹底したい。

ストラテジーは以下の通り

2017年7月17日 16:07
 
ロング@86.00~86.20(成立)、新規@87.30~87.40(成立)、
ストップ@86.55、ターゲット@90.00~90.70へ上方修正
2017年7月18日 16:32
豪ドル/円
ロング@86.00~86.20(成立)、2@87.30~87.40(成立)、
ストップ@87.40へ上方修正、ターゲット@90.00~90.70

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


オポチュニティ 豪ドル/円・サインが維持されるわけ

本日は7月4日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


7月4日配信レポート

豪ドル/ドル 日足

6月23日レポートの続きで足許豪ドル/円のサインを再確認しておきたい。
前回レポートにて提示したターゲットが達成されたが、サインの有効性がなお継続されているとみる。

豪中銀金利据え置きや声明文の基調が「タカ派」の色合いが薄かったため、目先豪ドルが反落している。切り返し以来の高値を一旦更新してから昨日の安値を下回っているから、このまま大引けした場合、弱気「リバーサル」のサインを点灯してもおかしくなかろう。

が、結論から申すと、同サインの点灯があっても、上昇途中のスピード調整に過ぎず、上昇波自体の終焉につながるサインにならない公算が大きいと思う。何しろ、日足における元変動レンジの打破がもたらした上値余地を完全に拓いていないから、諸サインの維持に鑑み、強気変動の早期終焉を想定しにくい。

4月安値を起点とした上昇波、「ダブル・ボトム」と「ダブル・トップ」で形成された変動レンジを上放れしたことでブル基調を強めたわけだから、同レンジ値幅の「倍返し」の計算では87.30~87.60前後の上値ターゲットが示唆される。本日ザラ場の高値87.02は近かったが、目標達成感に乏しい。

もっとも、前回ターゲットであった85.78前後が通過されたところも大きい。
同メイン抵抗ゾーンのブレイクで豪ドルの前値戻し(2月高値へ)があってもおかしくないから、目先一転してサポートゾーンとして役割が果たせば、豪ドルのサイン(GMMAチャートにおける「トビウオ」)がなお効いており、ブル基調の継続が示唆されよう。更に、84円台後半~85関門前後もサポートとして有効、日足におけるサインを否定するにはハードルが高いでしょう。

この意味合いでは、スピード調整をむしろ押し目の好機と見做し、反落一服のサインを確認できれば、出遅れてたロング筋の参入が想定される。シグナルを待ちたい。

ストラテジーは以下の通り

2017年7月6日 17:03
ロング@86.00~86.20、ストップ@85.20、ターゲット@88.00~88.50
2017年7月7日 15:55
ロング@86.00~86.20(成立)、ストップ@85.50へ上方修正、ターゲット@88.00~88.50
2017年7月11日 16:31
ロング@86.00~86.20(成立)、ストップ@86.20へ上方修正、ターゲット@88.00~88.50
2017年7月13日 16:04
ロング@86.00~86.20(成立)、新規@87.30~87.40、ストップ@86.55へ上方修正、ターゲット@88.50~89.00へ上方修正
2017年7月14日 16:03
ロング@86.00~86.20(成立)、新規@87.30~87.40(成立)、ストップ@86.55、ターゲット@88.50~89.00


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


7月6日: 金融市場の重要な指標発表


金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら


7月6日(木)

15:00 独 5月 製造業新規受注★
      前月比 前回:-2.1%

20:30 欧 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨★★


21:15 米 6月 ADP雇用統計★★
      前月比 前回:25.3万人

21:30 米 5月 貿易収支★
      前回:-476億ドル

21:30 米 新規失業保険申請件数★
      前回:24.4万件

23:00 米 6月 ISM非製造業景況指数(総合)★★
      前回:56.9

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

start_b_300_250>>お申込みはこちら<<


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


オポチュニティ ドル/円・全値戻し

本日は6月30日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


ドル/円 4時間足

ドル/円は昨日一時113関門に迫っていた。足許反落しているものの、4時間足におけるサポートゾーンに鑑み、切り返しの継続が有力視される。既述の通り、5月高値114.37までの「全値戻し」が視野に入る。

もっとも、3日高値111.70のブレイクに続き、5月24日高値112.13のブレイクは重要なサインを灯している。足許の押し、111.70前後に留まれば、抵抗が一転して支持となった証拠であり、また続伸しやすい構造が示唆される。

14日安値~9日高値の値幅の「倍返し」、すでに達成されていたから、ファンダメンタルズ上の材料と関係なく、目先の押しをスピード調整として理解できる。
4時間足では、現在の位置(F)はEと同様、ブルトレンドにおける「鰯喰い」のサインとして重視され、ベアトレンドにおけるBやCと対照的である。

故に、Aの「キャシャロット」のサインが点灯してから14日安値につながった経緯と同様、Dの「トビウオ」のサインが点灯してから二回の「鰯喰い」のサインが形成され、これから5月高値へ全値戻しを図るでしょう。経済指標の好悪で値幅の拡大が想定されるものの、14日安値を起点とした上昇波は継続される公算。

2017年6月15日 9:20

ロング@109.90(逆指値)、2@109.20~109.30(指値、条件付き)、ストップ@108.40、ターゲット@111.50~112.00

(注:2番目の指値、最初の逆指値の成立を前提条件とします。即ち、逆指値の成立なしでは、指値が成立しないので、ご注意ください。)

2017年6月16日 9:41

ロング@109.90(逆指値成立)、2番指値キャンセル、ストップ@109.20へ上方修正、ターゲット@111.50~112.00-

2017年6月19日 22:02

ロング@109.90(成立)、ストップ@109.20、ターゲット@113.00~113.50へ上方修正

2017年6月20日 22:44

ロング@109.90(成立)、ストップ@110.50へ上方修正、ターゲット@113.00~113.50

2017年6月21日 12:43

ロング@109.90(成立)、新規@111.10~111.20、ストップ@110.50、ターゲット@113.00~113.50

2017年6月22日 10:09

ロング@109.90(成立)、2@111.10~111.20(成立)、新規@110.50~110.60、ストップ@109.60へ下方修正、

2017年6月23日 13:02

ロング@109.90(成立)、2@111.10~111.20(成立)、新規@110.50~110.60(スタンバイ)、ストップ@109.60、ターゲット@113.80~114.25

2017年7月3日 15:30

ロング@109.90(成立)、2@111.10~111.20(成立)、新規@112.40~112.50へ修正、ストップ@111.40へ上方修正、ターゲット@113.80~114.25

2017年7月5日 16:21

ロング@109.90(成立)、2@111.10~111.20(成立)、3@112.47~112.50、ストップ@112.50へ上方修正、ターゲット@115.00~115.50へ上方修正



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


オポチュニティ 豪ドル/円・サインが維持されるわけ

本日は6月23日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


6月23日配信レポート

豪ドル/円 日足

豪ドル/円は昨日83.72まで押してきた。しかし、昨日までの押し、上昇途中のスピード調整と見做し、すでに上昇波に復帰したか、これから復帰する公算が高く、豪ドル/円はしばらくブル基調を維持できるとみる。

同見方、主に以下に二つの視点をもって図られる。
まず、昨日の押し(b)は5月25日高値(a)と合致、またGMMAにおける長期移動平均線グループのサポートを証明、所謂「適切な押し」を果たしたことで上昇波の継続を示唆していた。

次に、5月の「ダブル・トップ」を一旦ブレイク、5月安値、6月6日安値で形成した「ダブル・ボトム」からの切り返しの結果であったから、レンジ相場からトレンド相場への移行を示唆。従って、昨日までのの「適切な押し」はトレンド途中のスピード調整を示し、むしろトレンドをより健全化させたといえる。

となると、レンジ相場の「倍返し」でより高い上値ターゲットを狙えるが、取り合えず3月末高値の85.78前後の打診を目指すでしょう。GMMAチャートのサインでみると、同高値は「キャシャロット」(移動平均線のデットクロス)のサインが点灯された後の戻り限界だったので、ターゲットとして浮上しやすい。

また、5月高値で形成された「ダブル・トップ」はGMMAの「鰯喰い」(移動平均線がゴールデンクロスを試したものの、失敗)というサインに伴ったから、15日の大陽線がもたらした「トビウオ」(ゴールデンクロス)のサインが「適切な押し」によってむしろ強化されているとみる。従って、サインが維持される限り、豪ドルの上昇はしばらく続くとみる。

「ブルベアFX通信」のストラテジー

2017年6月19日 17:20

ロング@84.30~84.40、2@83.70~83.80、ストップ@83.10、ターゲット@85.70~86.20

2017年6月19日 22:12

ロング@84.30~84.40(成立)、2@83.70~83.80(スタンバイ)、ストップ@83.10、ターゲット@85.70~86.20-

2017年6月20日 15:39

ロング@84.30~84.40(成立)、2@84.80~84.90へ上方修正、ストップ@84.00へ上方修正、ターゲット@85.70~86.20

2017年6月20日 22:44

ロング@84.30~84.40(成立)、2@84.80~84.90(成立)、ストップ@84.00、ターゲット@85.70~86.20

2017年6月21日 12:43

ロング@84.30~84.40(成立)、2@84.80~84.90(成立)、新規@83.70~83.80、ストップ@83.30、ターゲット@85.70~86.20

2017年6月22日 10:09

ロング@84.30~84.40(成立)、2@84.80~84.90(成立)、新規@83.70~83.80(スタンバイ)、ストップ@83.30、ターゲット@85.70~86.20

2017年6月23日 13:02

 ロング@84.3084.40(成立)、284.8084.90(成立)、383.7283.80(成立)、ストップ@83.30、ターゲット@85.7086.20

詳しくは投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPへbullbearfx_img_b


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜


まもなく今週のメールマガジンを配信!

みなさま いつもご覧くださり、ありがとうございます。

陳満咲杜のFXスクールジャパン事務局です。


まもなく今週のメールマガジンを配信します。

今回も陳先生からレポートが届いています。
メルマガ読者様限定です。

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便

FXスクール事務局


FXスクールジャパン タイアップについて

「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップ!
2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの受講が無料で受講できる権利をプレゼントする企画です。平日の夜に毎日一緒に学習することができる、ほかでは勉強できない内容のFXスクールです。

タイアップの内容はそれぞれ異なりますので詳細をご確認の上、ぜひお申込みください。

詳細・お申込みは以下2社のバナーをクリックしてご確認ください。
「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」のどちらかにお申込みいただく方法となりますが、タイアップの内容はそれぞれ異なりますので詳細をご確認の上、お申込みください。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

▼ こちらからお申込みください ▼
   


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


オポチュニティ ユーロ/円・サインに従え

本日は6月16日配信のブルベアFX通信の中から、一部レポートを公開したいと思います。


6月16日配信レポート

ユーロ/円 日足

ユーロ/円の日足をみると、昨日の罫線が重要なサインを点灯していたことが分かる。昨日5月18日安値を一時下回ったものの、一転して高く大引き、「リバーサル」の陽線をもって5月高値を起点とした調整波の終焉を示唆した。

もっとも、5月16日、25日の高値を形成した「ダブル・トップ」のフォーメーション、同18日の安値をもって「ネック」を形成したとみなされ、同安値の打診をもってトレンドの転換さえ想定されるが、昨日の安値打診が「ダマシ」であったが分かり、目先の続伸につながったわけで、昨日の「ダマシ」は上昇をもたらす「フェイクセットアップ」のサインに化したわけだ。

更に、5月18日、6月7日安値が重要なサポートゾーンを形成していただけに、昨日の安値打診は「フォールス・ブレイクアウト」のサインでも解釈できる。
同見方、目先8日(b)高値のブレイクをもって証左され、これから2日(a)高値の更新につながっていくでしょう。ブレイクがあれば、ブルトレンドの継続を示唆するので、4月安値を起点とした上昇波が延長されることを有力視。

前記プライスアクションの視点に加え、GMMAチャートにおける「鰯喰い」のサインが点灯され、調整一服、またブルトレンドへ復帰することを示している。整合性をもつアプローチでは、ユーロ/円のロングポジションを試すべきであろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンでは、日々のリアルチャートを用いた動画レッスンを行っています。
現状の相場を分析するためには過去の動きが導き出した現時点の相場の動きを分析する必要があります。FXスクールでは陳先生が得意とするテクニカル手法であるGMMAやプライスアクション、そしてピボットを用いたリアルケーススタディを一緒に学ぶことができます。

start_b_300_250URL:http://fxschool.jp/


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


<キャンペーン実施中> 本格的なFXの勉強ができるFXスクール!

「陳満咲杜のFXスクール」は、特別会員といたしまして「FXブロードネット社」及び「FXトレード・フィナンシャル社」と期間限定のタイアップにより、無料で受講することができます。2ヶ月間毎日実施されるFXスクールの講義(動画セミナー・プライベートセミナー動画)をすべて無料で受講できます。陳満咲杜氏と一緒に学習することができる、ほかでは体験できない内容のFXスクールです。ぜひこの機会にご参加ください。

▼ こちらからお申込みください ▼
   

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

陳 満咲杜