Announcement: FXスクールジャパン 受講生の募集開始!
Forex Trading Education Community

陳満咲杜のFXスクール開校!

基礎から応用実践まで、これまでに我々が習得してきたFXトレードに於ける相場分析手法や実践テクニック、リスク管理方法など、高度な投資スキルを学んでいただくFXスクールを2016年8月より開校いたしました。

ドル円 FOMCを前に様子見ムード

FXスクール事務局です。
今回はドル円の状況について確認してみたいと思います。

チャートはドル円の日足にGMMAと一目均衡表の雲、ZIGZAG、RSIを描画しています。

usdjpy170920d1
本日のドル円相場は日本時間21日午前3時に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)と終了後の政策金利発表を控えて、様子見ムードが強まっており、狭いレンジ内での取引が続いています。日足チャートで考察すると、実線は9月19日に111.87円の高値を示現したものの、その後は上値の重い展開となり、一目均衡表の雲上限が抵抗として意識されたカタチです。

RSIは一時買われ過ぎ圏の70%に到達したものの、昨日の上ヒゲと本日の陰線形成で下向きに変化しています。

9月8日ボトムから形成する上昇波は本日で9日目を形成しており、上昇余地はまだ残されていますが、仮にこの水準を上値を抑えられると、RSIや平均足などのテクニカル指標に下降波形成のサインが点灯するため、いままでの流れに変化が生じる可能性もありそうです。
まずは本日のFOMC後の動向に注目したいところです。

FXスクール事務局

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便


9月20日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月20日(水)

未 定 日 日銀・金融政策決定会合(1日目)★

08:50 日 8月 貿易統計(通関ベース)★
前回:4188億円

17:30 英 8月 小売売上高指数★
前月比 前回:0.3%

23:00 米 8月 中古住宅販売件数★
年率換算件数 前回:544万件

23:00 米 8月 中古住宅販売件数★
前月比 前回:-1.3%

27:00 米 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表★★★
前回:1.00-1.25%

27:30 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見★★

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



使えるプライスアクション

陳満咲杜です。
今回は9月13日18:01に配信したブルベアFX通信から豪ドル円のレポートを一部公開します。


豪ドル/円 日足

9月1日レポートの続きで足許のサインを確認しておきたいが、タイトルの通り、レンジの打破(上放れ)が確認されているから、打破前の状況をもう一回見ておく必要がある。前回レポートのチャートを下記に再掲示。


豪ドル/円 日足(9月1日作成)

9月1日を含め、左から時系列でまず9月1日の「上放れ」(8月30、31日で形成したインサイドに対して)を確認、その後9月6日の強気「リバーサル」のサインをもってスピード調整の完成を示し、続く「アウトサイド」のサインや9月11日「上放れ2」のサインもあって、より確実な上放れを果たしたといえる。昨日の大陽線、同レンジに対する2番目のブレイクに続く形だから、当然な成り行きと思われ、また昨日の安値は元レンジのレジスタンスが一転してサポートになったことを示したから、所謂「適切な押し」となったわけだ。

故に、8月11日安値~8月17日高値で計算される元変動レンジ(最大)の上放れがホンモノであることが証左され、「倍返し」の計算なら、ここから7月高値89.42のブレイクにつながる。我々繰り返し提示しているシナリオと整合的である。もっとも、8月11日(1)のサイン(スパイクロー」は調整波の一服を示し、8月29日(2)のサイン(フェイクセットアップ)は上昇波へのステップアップを示唆していたから、9月6日(3)のサイン(強気リバーサル)は変動レンジの中間点を再確認、1と2のサインを再度確認したと言える。度重なるサインの点灯で上昇の土台をしっかり構築していることに鑑み、強気スタンスを維持、買い増しも一手かと思う。

陳満咲杜

詳しくは投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPへbullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


9月19日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月19日(火)

未 定 米 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

10:30 豪 四半期住宅価格指数★
前期比 前回:2.2%

10:30 豪 四半期住宅価格指数★
前年同期比 前回:10.2%

10:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表★

18:00 欧 9月 ZEW景況感調査★
前回:29.3

18:00 独 9月 ZEW景況感調査(期待指数)★
前回:10.0

21:30 米 四半期経常収支★
前回:-1168億ドル

21:30 米 8月 住宅着工件数★
年率換算件数 前回:115.5万件

21:30 米 8月 住宅着工件数★
前月比 前回:-4.8%

21:30 米 8月 建設許可件数★
年率換算件数 前回:122.3万件

21:30 米 8月 建設許可件数★
前月比 前回:-4.1%

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



保護中: 使えるプライスアクション

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


まもなく今週のメールマガジンを配信!

みなさま いつもご覧くださり、ありがとうございます。
陳満咲杜のFXスクールジャパン事務局です。

まもなく今週のメールマガジンを配信します。
メルマガ読者様限定で陳先生からレポートも届いています。

登録はこちら
↓ ↓ ↓

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便

FXスクール事務局


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/


9月18日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月18日(月)

18:00 欧 8月 消費者物価指数(HICP、改定値)★
前年同月比 前回:1.5%

23:00 米 9月 NAHB住宅市場指数★
前回:68

24:00 英 カーニー英中銀(BOE)総裁、発言★

29:00 米 7月 対米証券投資(短期債除く)★
前回:344億ドル

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



9月15日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月15日(金)

21:30 米 9月 ニューヨーク連銀製造業景気指数★
前回:25.2

21:30 米 8月 小売売上高★★
前月比 前回:0.6%

21:30 米 8月 小売売上高(除自動車)★★
前月比 前回:0.5%

22:15 米 8月 鉱工業生産★
前月比 前回:0.2%

23:00 米 9月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値★
前回:96.8

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



9月14日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

10:30 豪 8月 新規雇用者数★
前回:2.79万人

10:30 豪 8月 失業率★
前回:5.6%

11:00 中 8月 小売売上高★
前年同月比 前回:10.4%

11:00 中 8月 鉱工業生産★
前年同月比 前回:6.4%

20:00 英 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表★★★
前回:0.25%

20:00 英 英中銀資産買取プログラム規模★★
前回:4350億ポンド

20:00 英 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨★★
21:30 米 新規失業保険申請件数★
前回:29.8万件

21:30 米 8月 消費者物価指数(CPI)★★
前月比 前回:0.1%

21:30 米 8月 消費者物価指数(CPIコア指数)★★
前月比 前回:0.1%

21:30 米 8月 消費者物価指数(CPI)★★
前年同月比 前回:1.7%

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



ユーロ円 現状分析

FXスクール事務局です。

今回はユーロ円の現状を確認したいと思います。

eurjpy170913h1

 

チャートは1時間足にGMMAを描画しています。

実線は13日2時に132.00円まで上昇し、直近高値を更新しました。

ただ、その後は上値の重い展開が続き、131.59円まで値を崩していますが、下値ではGMMAチャートの長期線がサポート役として機能するカタチとなり、長い下ヒゲを形成しています。

現時点では上昇一服感が出ているようです。

eurjpy170913d1

日足チャートで考察すると、実線はGMMAチャートの長期線ミドルがサポート役として機能するカタチとなり、大勢の上昇トレンドをキープしています。

インジケータのZigZagは8月18日でボトムを形成し、新しいボトムサイクル形成を示唆していますが、その日柄はまだ浅いと云えます。

また、RSIは中段保ち合い圏で押し目を完了したカタチとなり、70%近辺の水準に上昇していることで、大勢の上昇トレンドを継続するサインとなっています。

現状は昨日の大陽線から調整売りが優勢になっていますが、上昇余地はまだ残されていると云えそうです。

FXスクール事務局

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便


オポチュニティ ユーロ/円・高値更新の蓋然性

陳満咲杜です。
今回は9月12日17:36に配信したブルベアFX通信からユーロ円のレポートを一部公開します。


ユーロ/円・日足
ユーロ/円は高値更新していくでしょう。日足では、9月7日高値のブレイクが確認され、同蓋然性を高めている。

既述のように、8月18日の「星線」をもって下げ一服、同日安値127.56から新たな上昇波が形成されたとみる。8月30日高値131.70から9月6日安値の129.36までの押しを途中の調整と見做し、9月7日高値131.10のブレイクをもって上昇波の加速を示唆しているとみる。

9月7日は「スパイクハイ」のサインを一旦点灯していたから、同高値のブレイクを一層重視、上昇波への復帰、また加速が想定されるわけ。同理屈、8月16日高値をブレイクした後高値更新を果たしたと同じ、また蓋然性の高いサインと見做せる。更に、9月5日、6日罫線は事実上の「インサイド」のサインを点灯、7日の高値トライ、同サインの上放れを示唆していたから、再度の高値更新は信憑性を高めているとみる。131.70のブレイクがあれば、132.40前後まで大した抵抗がないので、早期達成の可能性に注意。

陳満咲杜

 

詳しくは投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPへbullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


9月13日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月13日(水)

15:00 独 8月 消費者物価指数(CPI、改定値)★
前月比 前回:0.1%

17:30 英 8月 失業率★
前回:2.3%

17:30 英 7月 失業率(ILO方式)★
前回:4.4%

18:00 欧 7月 鉱工業生産★
前月比 前回:-0.6%

21:30 米 8月 卸売物価指数(PPI)★
前月比 前回:-0.1%

21:30 米 8月 卸売物価指数
(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)★
前月比 前回:-0.1%

27:00 米 8月 月次財政収支★
前回:-429億ドル

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 



オポチュニティ ドル/円・「底割れ」後の目処

陳満咲杜です。
今回は9月8日19:30に配信したブルベアFX通信からドル円のレポートを一部公開します。


ドル/円 日足
ドル/円は4月安値を割り込み、年初来下落波の延長を示唆している。とはいえ、同下落波を調整子波と見做し、ここから下値限定の見方は不変、地政学リスクがあっても本格的な下落推進波として展開される可能性は小さいとみる。

カウンティングでは、年初来高値からダブル・ジグザグの変動構造として数え、4月安値まではジグザグ、5月高値を起点とした下落をフラット構造と見做したが、4月安値の更新をもって同じくジグザグ変動構造として数え直せるが、ここから下値限定なら、なおフラット型変動の許容範囲におるとみる。

もっとも、4月安値から継続されてきた形でオシレーター系指標らの強気ダイバージェンスのサインが煮詰まりつつあり、2016年9月安値から引かれる支持ラインの制限もあって、ここからの下値余地が限定される見通し。2017年7月高値の107.48、また2016年安値を起点とした全上昇幅の61.8%押しの106.55前後は当面の目処として注目されよう。

ドルの下落、あらゆるマイナス要素を織り込んだ形で進行しており、明日北朝鮮挑発の可能性を含み、すでに行き過ぎの最終段階におるのが明白である。すでに107.48の打診を果たした値動き、早ければ今晩、遅ければ来週にて最初のサインを点灯しよう。サインの点灯があれば、中長期スパンにおけるストラテジーの再考につながる。

 

陳満咲杜

 

詳しくは投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPへbullbearfx_img_b


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼

 


9月12日: 金融市場の重要な指標発表

金融市場における日々の重要指標のスケジュールを掲載しています。

発表内容によっては為替相場が動きますので事前にチェックしておきましょう。
[メルマガ]毎週最新情報をお届けします。ぜひFXトレードにお役立て下さい。

無料メルマガ便登録はこちら

9月12日(火)

17:30 英 8月 消費者物価指数(CPI)★
前月比 前回:-0.1%

17:30 英 8月 消費者物価指数(CPI)★
前年同月比 前回:-0.1%

17:30 英 8月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)★
前年同月比 前回:2.4%

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします!

「陳満咲杜のFXスクール・ジャパン」 事務局


陳満咲杜と学ぶFX戦略室 メルマガ便

▼メールアドレスを入力して今すぐ登録▼