Announcement: FXスクールジャパン2018年度受講生 受付まもなく
Forex Trading Education Community

ドル/円のアナリシス(1)

ドル/円について、最近「ブルベアFX通信」のレポートをもってロジックを説明したい。
まず5月30日日足でのアナリシスは以下の通り。

5月30日配信 「オポチュニティ ドル/円・基調の維持」

ドル/円 日足(5月30日作成)

リスクオフ云々よりもドル/円の「八連陽」が行き過ぎだったので、先週ドル/円の大幅反落はそれに対する修正といえる。昨日の続落はその継続であったが、主要クロス円と違って、日足におけるドル/円の基調が崩れたとは言い切れない。

何しろ、上のチャートで表示しているように、昨日の大幅下落があったにもかかわらず、GMMAチャートにおける短期線グループと長期線グループの逆転がなお確認されず、この前の「トビウオ」のサイン(緑矢印)を否定するにはハードルが高いではと思う。

というのが、昨日の安値はメインサポートを試し、また一旦制限された公算が高い。同メインサポートゾーン、一連の高、安値(a~d)で形成されていただけに、容易く下放れできないでしょう。メインサポートゾーンを下放れでき
ない限り、GMMAにおける「キャシャロット」(デッドクロス)のサインが点灯されないと推測でき、オシレーター系指標らのサイン(その多くは反落自体を単なる調整と示す)と相まって、目先の下げ一服感を漂わせる。

プライスアクションの視点では、昨日と本日の罫線で「インサイド」を形成していくでしょう。同サインの上放れがあれば、一旦底打ちを示唆してくれるかとみる。いつものように、ドルの反騰があれば、ファンダメンタルズによる
ドル高を支援する材料も後に出やすいから、イタリア問題の一服も想定される。



▼陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便
FXトレードを一緒に学びませんか?
メールアドレスを入力してお申し込みください。

 

▼ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!

▼記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします!