Announcement: FXスクールジャパン2018年度受講生 受付まもなく
Forex Trading Education Community

正解だった

1日の投稿(サインの解釈)にて原油(WTI先物)高に懐疑的、そして英株の下げ止まりを見込むいくつのサインを解釈していたが、更に効いてきた模様だ。フォローは以下の通り:


WTI原油先物 日足(@IG証券)

原油の下落は著しい。前回指摘したレンジの下放れを果たし、またプライスアクションにおいて連続した弱気「リバーサル」のサインを点灯、「ダブル・トップ」の蓋然性を強めた。

従って、3月27日の弱気「リバーサル」のサインを重視した場合、安易なロングポジションを取らずに、また4月2日の同「リバーサル」がサポートゾーンの割り込みをもたらしたから、ショートポジションを取る根拠となっていたでしょう。4月5日の「リバーサル」は元サポートゾーンを一転して抵抗ゾーンと確認させ、その後の大幅下落につながったわけなので、来週も下値打診を見込めるかとみる。先週サインの解釈が正しかったわけだ。


英国FTSE100株価指数 週足(@IG証券)

米中貿易戦争の拡大などいろんなリスク要素があったが、英株は結局続伸していた。RSIで測られた強気「リバーサル」のサインが有効で、また効いていた以上、これから底割れのリスクが低下されたでしょう。

プライスアクションの視点では、やはり「インサイド」の上放れが先週にて確認されたところは大きい。同サインが「ホンモノ」なら、これから切り返し自体が紆余曲折でも継続されよう。7400前後はメイン抵抗、回復するまで時間がかかるが、先週の見方が正しかった以上、早晩トライされるかとみる。市況はいかに。

★陳 満咲杜がおすすめするIG証券のポイントとは?

IG証券は国内外の株式CFDやFXなどの金融デリバティブをトレードする
プロの投資家に非常に人気がある証券会社です。
なぜIG証券が、これだけ多くの投資家・トレーダーに愛されているのか。その背景にはトヨタやアップルなどの個別株からダウ、日経平均などの主要株価指数をCFDとして取引できること。またFXのスプレッドコストが非常に低いこと。例えばドル円0.3銭(原則固定。例外あり)。

このように世界のマーケットにアクセスできる、幅広いサービスラインナップが用意されていることが同社の最大の強みだと私たちは思います。口座開設は無料でできますので、是非素晴らしい同社のサービスをまずは実感してみてください。

▼IG証券はこちら

陳満咲杜



▼陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便
FXトレードを一緒に学びませんか?
メールアドレスを入力してお申し込みください。

 

▼ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!

▼記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします!