Announcement: FXスクールジャパン2018年度受講生 受付まもなく
Forex Trading Education Community

大きなフォーメーション

我々はクロス円における円高の進行を警戒してきた。豪ドル/円は主要クロス円の円高をけん引してきた分、下落幅も大きかった。先週一時昨年4月安値を割り込んでいたところは証左であろう。


豪ドル/円 (@IG証券)

前回(2月26 見方の維持)、豪ドル/円の「三尊天井」といったフォーメーションを示し、大したリバウンドなしで更なる下値余地を拓く可能性を指摘していたが、その通り急落してきたから、同フォーメーションが成立され、目先リバウンドしているところ、短期スパンにおけるスピード調整と見なすべきであろう。換言すれば、フォーメーションが大分時間をかけて成立してきたので、一旦成立すれば、その支配力が維持される公算が高いから、トレンドの修正はなかなか難しいとみる。

更に、上のチャート上にて示しているように、より長いスパンでみれば、より大きい「三尊天井」が見えなくもない。より大きなフォーメーションを紫色で表示し、黄色でこの前表示したフォーメーションに比べ、所謂「ネックライン」がより早い段階で下放れされたことが分かる。言い換えれば、最近継続した豪ドル/円の下落は同大型フォーメーションの下放れに起因し、またその下放れがあったからこそ、直近のフォーメーションの成立や下放れにつながったわけだ。

こういった視点でみれば、前記のロジックはよりわかりやすいでしょう。直近のフォーメーションにしても、より大きなフォーメーションにしても、下放れを果たした以上、また同指示ターゲットが達成されていない以上、豪ドル/円のメイントレンドはやはり下落方向で、切り返しがあっても調整的な値動きと見なすべきである。戻り自体こそ程度の差があるものの、戻り売りといったメインスタンスはしばらく維持されよう。市況はいかに。

戸松さんと対談させていただきました!2018年以降の国内外の株式市場、為替相場で注目すべきポイントをご紹介!

★陳 満咲杜がおすすめするIG証券のポイントとは?

IG証券は国内外の株式CFDやFXなどの金融デリバティブをトレードする
プロの投資家に非常に人気がある証券会社です。
なぜIG証券が、これだけ多くの投資家・トレーダーに愛されているのか。その背景にはトヨタやアップルなどの個別株からダウ、日経平均などの主要株価指数をCFDとして取引できること。またFXのスプレッドコストが非常に低いこと。例えばドル円0.3銭(原則固定。例外あり)。

このように世界のマーケットにアクセスできる、幅広いサービスラインナップが用意されていることが同社の最大の強みだと私たちは思います。口座開設は無料でできますので、是非素晴らしい同社のサービスをまずは実感してみてください。

▼IG証券はこちら

陳満咲杜



▼陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便
FXトレードを一緒に学びませんか?
メールアドレスを入力してお申し込みください。

 

▼ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!

▼記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします!