Announcement: FXスクールジャパン 受講生の募集開始!
Forex Trading Education Community

ポチュニティ ポンド/円・二つのサイン

陳満咲杜です。昨年12月26日のレポートを下記に公開します、足元の市況と照らしてご参照ください。本文は以下の通り。

1226
ポンド/円 日足(2017年12月26日作成)

ポンド/円は高値トライしやすい構造を固めつつある。結論から申すと、12月8日の高値トライ、また一転して陰線引けとなって15日までの反落をもたらしたが、同日のサインが「スパイクハイ」であっても、「フォールス・ブレイクアウト」でないこと、即ち高値を付けたのではなく、あくまで上昇途中のスピード調整であることが示唆される。

換言すれば、早晩高値更新をもって同日サインの意味合いが否定されるから、一転して「ダマシ」のサイン、つまり高値再更新をもって上昇加速の局面が想定される。根拠は概ね以下の2つのサインの点灯にある。

まず、11月28日の「フェイクセットアップ1」のサインが点灯され、8日高値更新につながったのは既述の通り。GMMAチャートにおける「鰯喰い」のサインの形成もその通りであった。

15日安値が6日安値を一旦割り込んだものの、その後「インサイド」の上放れを果たし、また目先のサポートゾーンも15日高値前後にて確認されているから、前記「インサイド」は結果的に「フェイクセットアップ2」の役割を果たしたとみる。

サイン2と名付けたのは、11月28日のサインの続きであり、またGMMAにおける長期MA線のサポートの再確認、更に、大型変動レンジ(9月高値~)のブレイクが一旦確認(8日)した後の押しが元の変動レンジの半分程度に留まった、という視点で纏まれる故である。従って、年末年始動意薄の可能性があるが、基本的には上放れを再度果たし、また年明けからの上昇加速を覚悟。

1226
ポンド/円 日足

現時点の市況は以上の通り、昨日の高値更新自体を大きなサインと見做せるでしょう。市況はいかに。

ブルベアFX通信は投資助言会社グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPにて
月3000ポイントの高リターンを実現した「ブルベアFXトレンド&シグナル」レポート配信中

bullbearfx_img_b



▼陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便
FXトレードを一緒に学びませんか?
メールアドレスを入力してお申し込みください。

 

▼ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!

▼記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします!