Announcement: FXスクールジャパン 受講生の募集開始!
Forex Trading Education Community

ユーロ円 調整局面入りで下値試しの展開

FXスクール事務局です。

今回はユーロ円の状況について確認してみたいと思います。

eurjpy170810_d1

チャートはユーロ円の日足チャートにGMMAとZigZag、一目均衡表の雲と遅行スパン、そして下段にRSIを描画しています。

ユーロ円は4月17日に114.84円の安値を示現した後、ユーロ買い優勢の展開が長らく続いています。

実線は4月25日の終値で一目均衡表の雲を上抜けました。この時点で大勢のトレンドは上昇トレンドに変化しました。この時のRSIは10%を割り込んでいましたので、その反動も大きかったことが分かります。

その後5月16日に125.81円まで上昇した後、6月15日まで調整局面を演じ、一時GMMAの長期線を打診して122.37円まで下落する場面もありましたが、一目均衡表の雲を下抜けることなく再び上昇トレンドを再開しています。この時点で考えると一旦はGMMAの長期線に打診するものの、雲を下抜ける力はなく再びGMMAの長期線から上方離脱したことで上昇再開のシグナルだったことになります。

その後も相場は大きく上昇し、8月2日に131.39円の高値を示現し、現在は調整局面入りとなり、128.82円近辺で下値を試す展開となっています。
水準的にはGMMA長期線の上段で推移していることから、下落余地はまだ残されている状態です。
また、RSIについては32%近辺で推移しており、前回のGMMA長期線打診時(32%)に面合わせしています。

ボトムサイクル分析では現在41日目を形成しており、前回のボトムサイクルが44日を形成していたので、ボトム形成の時間帯に絡んでいることが分かります。

前回のボトム形成時を考慮すると、下値はGMMA長期線下限水準(127円台ミドル)までの下落は十分に視野に入ってきますが、そこから更に下落するには新しい材料が必要になりそうです。

FXスクール事務局

陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FXスクールジャパンと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fxschool_imgURL:http://fxschool.jp/



▼陳満咲杜と学ぶFX戦略室 無料メルマガ便
FXトレードを一緒に学びませんか?
メールアドレスを入力してお申し込みください。

 

▼ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!

▼記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします!